【仙台市】株式会社シグマアイと連携し、新型コロナウイルス感染症の相談業務を効率化する支援ツール「whis+」を開発

仙台市は、民間企業等のノウハウや技術を市民サービスの向上や行政課題・地域課題の解決につなげる連携窓口「クロス・センダイ・ラボ※」を開設しています。

この窓口を通じ、業務負担が増大している新型コロナウイルス感染症に関する電話相談窓口(コールセンター)の業務効率化を図る支援ツール「whis+(ウィズプラス)」を開発し、令和3年7月1日より利用を開始しました。

このシステムは、仙台市と東北大学発のベンチャー企業である株式会社シグマアイ(東京都)が連携し、コールセンター受託事業者の協力を得ながら開発を進めたもので、クロス・センダイ・ラボを通じてサービスが実用化された初めてのケースです。

これまで、コールセンターにおいて電話を受けたオペレーターが相談内容をシステムに入力しながら、紙の医療機関台帳を基に医療機関を案内していました。「whis+(ウィズプラス)」の導入により、最低限の入力操作で、近隣地域の医療機関の情報や直近のコールセンターからの案内実績に基づいた混雑度合いを推測し、適切な医療機関の選定を行うことが可能になりました。不安な気持ちを抱えている相談者に対して、速やかに医療機関を案内することが可能になり、窓口業務の効率化も期待されます。

クロス・センダイ・ラボでは、引き続き事業者の皆様からのご提案をお待ちしています。

提案事業者

株式会社シグマアイ(住所:東京都港区港南1-2-70 品川シーズンテラス6階)
東北大学発のベンチャー企業で、量子アニーリング技術研究ソリューションを提供する。同社の自治体支援共創プロジェクト「Project MASAMUNE」を通じ、本取り組みに注力。
ホームページ: https://sigmailab.com

※クロス・センダイ・ラボ

民間企業等からの提案を一元的に受け付ける窓口として、仙台市プロジェクト推進課内に令和元年11月に設置。「パートナーシップ推進事業」と「近未来技術実証ワンストップセンター事業」の2つの事業で構成。
「パートナーシップ推進事業」では、民間企業等から行政・地域課題の解決等に向けた提案を幅広く受け付け、対話を重ねながら提案の実現に向けた支援を切れ目なく行うことで、スピーディーかつ強力に連携を推進する。
■クロス・センダイ・ラボの詳細はこちら
http://www.city.sendai.jp/project/cslab/cslab.html
■提案・問い合わせはこちら
cslab@city.sendai.jp