「東北プロボノプロジェクト」事例に見る「プロボノ」の可能性

~ プロジェクト参加者と受け入れ企業はそれぞれ何を求めて何を得たのか? ~

【オンラインイベント】仙台ソーシャルイノベーション・ナイト

「東北プロボノプロジェクト」事例に見る「プロボノ」の可能性
 ~ プロジェクト参加者と受け入れ企業はそれぞれ何を求めて何を得たのか? ~

【イベント概要】
「プロボノ」という単語、最近いろいろな所で耳にされた方も多いのではと思います。
※プロボノ:職業上持っている知識やスキルを無償提供して社会貢献するボランティア活動です。

INTILAQでは2019年7月より東北経済産業局/仙台市と共に、首都圏の方々と東北の社会課題解決にチャレンジしている起業家をマッチングし、合計7つのプロボノプロジェクトを運営してきました。

7つのPJを半年間運営することで、プロボノと副業/兼業との違いや、プロボノだからこそできることなど、様々なことが見えてきました。

首都圏の方々が、このようなプロボノをきっかけに東北地域と関係性を構築し深めていくことで、今後も継続して東北に関わる関係人口となることや、さらに一歩踏み込んで東北で就業するきっかけになるかもしれない事例など、ここに私たちは大きな可能性を感じています。

また、プロボノプロジェクトは、受け入れる東北地域(起業家)だけでなく、プロボノに携わる個人にとっても、自ら主体的にプロジェクトに関わり、自らの情熱をもってプロジェクトを進めていく経験となりうるものであり、この時代において自らキャリアを切り開く1つのきっかけになるという確信を持ちました。

今回のソーシャルイノベーションナイトでは、東北プロボノプロジェクトに関わっていただいた方々をゲストに迎え、これまでの活動内容、プロジェクトの納品物、プロボノの楽しさ/難しさなど、幅広くお話をうかがってまいります。

今後の関係人口づくりのヒント、主体的にキャリアを構築していくヒントを得ていただけるのではないかと思います。
奮ってご参加ください!

※ お申し込みは下記の【参加方法】URLよりお願い致します。

<参考URL>
・東北プロボノプロジェクト: http://tohoku-probono.mystrikingly.com/
・東北プロボノプロジェクト プレス開始時のプレスリリース 
https://newscast.jp/news/327747

【日程】2020年3月13日(金)
【時間】18:30開場、19:00〜21:00 開催
【場所】INTILAQ東北イノベーションセンター(http://www.intilaq.jp
【主催】仙台市/一般社団法人 新興事業創出機構/INTILAQ東北イノベーションセンター
【参加費】無料

【スケジュール】
18:30 〜   開場
19:00〜19:15 TOHOKU プロボノプロジェクトの概略説明
19:15〜19:45 実際のプロボノプロジェクトの事例紹介①
       -株式会社小高ワーカーズベースのプロボノプロジェクトについて-
       プロボノチームのリーダー 鷹野様 / 受入起業家 和田様の発表
19:45〜20:20 実際のプロボノプロジェクトの事例紹介②
       -合同会社巻組のプロボノプロジェクトについて-
       プロボノチームリーダー 森様 / プロボノメンバー からの発表
20:20〜20:50 パネルディスカッション 30分
       プロボノプロジェクトに関わった、鷹野様/森様/プロボノメンバー/本多/
20:50〜21:00 プロボノの可能性について 鷹野様
       終了

【参加方法】
本イベントはオンライン(zoom)にて実施いたします。

ご参加に際して、お名前/メールアドレスを登録していただきます。
下記URLから事前に参加登録をお願いいたします。
https://zoom.us/webinar/register/WN_fwK-0UxRQx6GTucXx_vMKg

※ 視聴URLは登録完了後、別途送付されます。
ご不明な点がございましたら、ご質問ください。