一社)りんく が、2020年春より障がい者雇用促進で障害者雇用指導員資格を開始します!

障がい者雇用を通して健常者も働きやすい環境にする新しい指導員資格(男女の違い研修含む)をつくり、障がい者雇用を円滑に進めます!!

資料:厚労省
資料:厚労省

高齢者と障がい者・児の事業所を運営している東北福祉ビジネス株式会社(仙台市)は、今までの実績を活かし研修機関として一般社団法人りんく(仙台市、代表理事 佐藤ゆかり)を設立し県の指定認可資格事業を開始すると共に、企業で障がい者雇用の促進を後押し出来る資格講座も開始します。
企業内の担当者が、障がい者雇用を円滑に実践する為の資格です。企業内での障がい者雇用を円滑に進めると共に、支援学校の卒業生や就労移行支援等で就職に向けて頑張っている障がい者を応援することが目的でもあります。

資料:厚労省
資料:厚労省

障がい者雇用への取り組みは各自治体からのジョブコーチ等の支援もあり雇用への理解や体制も進んでいます。また、企業が一定数障がい者雇用をする際に必要となる資格も、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構から障害者職業生活相談員という資格があり障がい者雇用に関する企業への支援は多くあります。しかし依然多くの企業から障がい者雇用について「何をやらせたら良いのか?」や「担当者が気疲れしてしまう」とか「雇用してもすぐに辞めてしまう」という意見もあるのが現状です。それらの意見は障がい者雇用への理解が進むと改善される内容でもあります。そして、障がい者雇用への理解が無いと、心無い言葉を言われ傷つき働けなくなる障がい者も出て来てしまうことも避けられるのです。
平等や差別では無く優遇とも違う「合理的配慮」を障がい者雇用を通じて企業が実践することは、健常者も働きやすい会社となるとともに働き方への多様性が育つと考えていますし、この資格の中には「男性脳と女性脳の違いを理解し、障がい者だけで無く健常者の上司や部下とも円滑なコミュニケーションが取れる研修」も盛りこまれています。
そして、そのひとつひとつの会社がある地域は「暮らしやすい地域」になると強く感じています。
一般社団法人りんくでは「障害者雇用指導員」という資格取得を通じて、障がい者雇用を促進するとともに健常者も働きやすい世の中を目指しているのです。

障害者雇用指導員資格には1級と2級があり、2級取得は1日で可能。費用は3万円。