仙台市内4カ所の児童養護施設へ販売商品を寄付させていただきました

一の坊フードバンクプロジェクト

株式会社一の坊(本社/宮城県仙台市 代表取締役 髙橋 弘行/タカハシ ヒロユキ)は、新型コロナ感染防止策として4月6日から宮城県内7店舗の全店休業を行うにあたり、施設売店で販売予定だった商品を4月14日(火)に仙台市内4カ所の児童養護施設に寄付いたしました。

寄付のお菓子類
寄付のお菓子類

東日本大震災以降、宿泊施設料飲部では食材の大切さの意識づけには特に力を入れてきた一の坊グループ。食材ロスを減らすための取り組みを行ってきたこともあり、今回の急な休館においても宿泊客提供食材のロスは殆どなかったございませんでしたが、土産品を取り扱う売店では、週末繁忙期用の土産商品として若干の在庫を抱えておりました。

寄付の商品は、PB商品をはじめ、焼菓子や和菓子。一の坊グループ 専務取締役 駒井亜希子(コマイ アキコ)は、「こんな時だからこそ、笑顔が生まれる時間が少しでもあればいい。経済状況がひっ迫している中ではあるが、そういう時間の一助になれば…」と、今回の寄付を決めさせていただきました。

なお4月20日現在、 一の坊グループでは、解雇者を出さない・家族、お客様の健康のためにいま出来ることをする、と一日も早い営業再開に向け、国や県の新型コロナウイルス感染症対策に準じ感染拡大防止に努める決定をし、全施設5月10日(月)まで休館することを決定しております。

リリースに関するお問い合わせは…

株式会社一の坊 営業推進本部
〒980-0013 宮城県仙台市青葉区花京院2丁目1-10
【5/10までのお問い合わせは】
こちらのフォームよりご連絡ください
https://www.ichinobo.com/contact/#radio02-02
【5/11以降のお問い合わせは】
Tel 022-222-0178(平日10:00~17:00)