不安を抱える障害者就労のLINE無料相談-就労支援manaby(マナビー)

障害福祉サービス、就労支援事業を行う株式会社manaby(本社 宮城県仙台市、代表取締役 岡﨑衛)は、LINE公式アカウントにて障害者就労に関する無料相談を開始します。

manaby(マナビー)は「在宅」就労を実現するためのITスキルを「在宅」で学ぶことができる就労支援事業を行っています。現在も新型コロナウイルス感染症感染拡大防止の対応を行いながら支援を継続中のほか、自治体との連携で通所利用者も一時的に在宅訓練への切り替えを行い、安心して学べる環境づくりを続けています。

オンラインや電話を活用した新規相談も行っていますが、まだ多くの方が外出できず、誰にも相談できないままお一人で悩んでいる方もいらっしゃるのではないかと考えています。
私たちに今できることは何かと支援員が立ち上がり、もっと気軽にご相談いただくためにLINE公式アカウントによる無料相談を開始することといたしました。


LINE無料相談「マナビーお悩みポスト」

【概要】
LINE公式アカウントにて、働くことに悩む障害者の不安に寄り添う就労相談を行う
【方法】
manaby LINE公式アカウント(https://lin.ee/3nqQWEJrA)から友だち登録
→相談内容を送信
→平日営業時間内に順次支援員より返信します

※仕事や就職活動に関する悩みや相談を手紙のように気軽にポストへ投函してほしい、という思いで名付けました。
※ここでお聞きした内容は、同意なく当社以外の第三者に提供することはいたしません。
※ご本人に確認したうえで、必要に応じて専門機関をご紹介します。
※個人情報を無理にお聞きすることはありません

■株式会社manabyについて
manabyは、「一人ひとりが自分らしく働ける社会をつくる」ことをミッションとして、eラーニングでITスキルを学ぶ仕組みを開発し「在宅」就労を実現するために「在宅」で学ぶことができる就労支援事業を行っています。

■就労移行支援とは
就労移行支援とは、就労を希望する65歳未満の障害のある方に対して、生産活動や職場体験などの機会の提供や、就労に必要な知識・能力の向上のための訓練、および、就労に関する相談や支援を行う活動のことです。就労移行支援事業所は、国からの認可を受けて運営している障害福祉サービスを行う団体です。障害をお持ちの方の就労までの道のりをサポートする役割があり、身体障害、知的障害、精神障害、発達障害や難病の方も利用できます。障害者手帳をお持ちでない場合も、医師からの診断書や自治体の判断によって利用可能です。

〈会社概要〉
会社名:株式会社manaby
本社所在地:宮城県仙台市宮城野区榴岡1-6-30ディーグランツ仙台ビル5F
電話番号:022-355-6185
設立:2016年(平成28年)6月6日
資本金:116,740,587円(資本準備金を含む)
代表取締役:岡﨑 衛

〈受賞歴〉
2015 「第3回ダイムラー・日本財団スタートアップ基金 ビジネスプランコンテスト」グランプリ受賞
2017 「Forbes JAPAN Rising Star Award 2018」25社選出
2017 「東北アクセラレーター2017」共感賞受賞(主催:仙台市、株式会社ゼロワンブースター)
2018 「第21回七十七ニュービジネス助成金」受賞
2019 「仙台未来創造企業」認定

〈事業内容〉
障害者総合支援法に基づく就労移行支援事業「manaby」
障害者総合支援法に基づく就労継続支援 B 型事業「manaby CREATORS」
一般向け e-learning+カウンセリング事業「manaby WORKS」
人材紹介事業(有料職業紹介サービス 04‒ユ‒300216)

お問い合わせ先:株式会社manaby 広報担当:大坪
TEL : 042-306-8911 | Email : press@manaby.co.jp