田村響・菅原望ピアノコンサート

~ショパンとリスト~

世界的ピアニスト田村響と仙台の誇るピアニスト菅原望による夢の共演。
同時代を生きた作曲家ショパンとリストの曲を田村、菅原がそれぞれ担当し
その魅力に迫る。

コロナウィルス感染症への懸念からコンサート開催が控えられてきました。
久しぶりに開催される本格的な生演奏をお聴きください。
2007年ロン・ティボー国際コンクールにおいて弱冠20歳で第1位に輝いた田村響がショパンを、東京藝大大学院修了後、ハンガリー国立リスト・フェレンツ音楽院 One year Piano Soloist Courseに留学経験のある菅原望がリストを演奏します。

田村響・菅原望ピアノコンサート

開催日  2020年12月12日 13:30開演 (開場13:00 ) 全席自由
チケット 一般4500円 / 学生4000円
※お支払いは一般3,600円 学生3,200円となります。
※Go Toイベント対象のため、通常価格 の2割引の価格で購入することができます。

演奏曲目 

田村響

ショパン作曲
・ワルツop.18「華麗なる大円舞曲」 ・ ワルツop.34-2 ・ノクターン遺作 
・ソナタ第2番「葬送」

菅原望

リスト作曲
・コンソレーション第1.2番 ・2つの伝説より「波を渡るパオラの聖フランシスコ」
・即興ワルツ S.213・巡礼の年第一年スイスより「オーベルマンの谷」
・ハンガリー狂詩曲第15番「ラコッツィ行進曲」

会社概要

株式会社S.A.musicking(エスエーミュージッキング)
代表取締役 武内園子
所在地   仙台市青葉区新坂町16番7号
設立    2019年8月1日
URL    https://www.sa-musicking.com/
E:mail   sonoko@sa-musicking.net

出演者プロフィール

【田村響】

1986年愛知県安城市生まれ。愛知県立明和高校音楽科を卒業後、ザルツブルク・モーツァルテウム音楽大学に留学、大阪音楽大学大学院修了。2002年エトリンゲン青少年国際ピアノ・コンクールB部門第2位及びハイドン賞。2007年世界的なコンクールのひとつであるロン・ティボー国際コンクールにおいて弱冠20歳で第1位に輝き一躍世界に注目されるに至った。
これまでに国内ではNHK交響楽団、読売日本交響楽団、東京都交響楽団、東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、山形交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、などと共演。活動は日本をはじめ、フランス、オランダ、ドイツ、オーストリア、ポーランド、イタリア、ロシア、エジプト、ブラジル、中国、台湾、ベトナムに及ぶ。

【菅原望】

宮城県仙台市出身。第36回ピティナピアノコンペティション特級部門においてグランプリ、ならびに文部科学大臣賞など受賞。日本各地での演奏の他、ハンガリー、オーストリア、ポーランド等多くの音楽祭や演奏会にピアノソロ、室内楽、協奏曲で出演し好評を得る。これまでにパスカル・ヴェロ、山田和樹氏など著名な指揮者と、仙台フィルハーミニー管弦楽団、東京フィルハーモニー交響楽団等国内外の多くのオーケストラと共演。
常盤木学園高等学校、東京藝術大学、同大学院を修了。大学院修了後、ハンガリー国立リスト・フェレンツ音楽院に留学。コンチェルト5曲含む課題を持つOne year Piano Soloist Courseにその年度唯一の合格者として入学。最高評価を得てディプロマ取得。カールマン・ドラフィ、ジョルジュ・ナードルの各氏に師事。