【参加者募集】仙台市産学官連携フォーラムを開催します!

 仙台市では、地域に所在する大学の教員が地域連携フェローとして地元中小企業を訪問し、企業とともに課題解決に取り組む「御用聞き型企業訪問」事業などの産学官連携による取り組みを行っています。
 このたび、仙台市の産学官連携についての情報を発信するとともに、地域におけるものづくり中小企業や研究機関、産業支援機関の交流を目的として「仙台市産学官連携フォーラム」を開催します。
 フォーラムでは、仙台市産学連携功労者表彰と併せて、東北学院大学の大西晴樹学長をお招きし、同大学の挑戦と産学官連携の取り組みについて特別講演を予定しています。講演終了後は交流会を開催します。
 多くの企業、研究機関などの皆さまのご参加をお待ちしています。

日時

令和2年1月14日(火曜日) 15時30分~(15時00分受付開始)

会場

TKPガーデンシティPREMIUM仙台西口 ホール7B(青葉区花京院1丁目2-15 ソアラプラザ7階)

内容

(1)仙台市産学連携功労者表彰式(15時40分~)
 東北学院大学 工学部 教授 鈴木 利夫 氏

(2)講演会(16時00分~17時15分)
 1.記念講演「もう一つの歩みー手作り自動車ー」
  東北学院大学 工学部 教授 鈴木 利夫 氏

 2.特別講演「東北学院大学の新たな挑戦と産学連携の取り組み」
  東北学院大学 学長 大西 晴樹 氏

(3)交流会(17時30分~)
 会場:ホール7A
 会費:1人3千円

申し込み方法

 次のチラシの申込書(ファクス)またはEメールにて、必要事項(住所、氏名、電話番号、メールアドレス)を記載の上、仙台市経済局地域産業支援課までお申し込みください(申込期限:令和2年1月7日、定員:70名)。

(ファクス)022-267-6292

(Eメール)kei008040@city.sendai.jp

鈴木 利夫氏について

(1)略歴
 東北学院大学工学研究科にて工学博士号を取得の後、同大学の助手・助教授を経て平成15年に同大学工学部機械創成工学科の教授に就任。平成21年9月に本市の地域連携フェローに就任し、平成31年3月に退任されるまで延べ76社に訪問、専門とする熱工学の見地からさまざまな助言を行った。現在は東北学院大学工学部で教鞭をとるとともに、仙台市地域連携アドバイザーとして活躍中である。

(2)表彰理由
 地域連携フェローとして地域内の多くの中小企業に助言を行い、その中からは国・県補助事業に採択されるような優れた開発事例なども生まれており、その功績が顕著であるため。

※地域連携フォロー制度
 地域企業の技術力向上、新製品開発の促進等を通じて地域経済の振興を図るため地元の大学教授を仙台市の非常勤嘱託職員として迎え、産学連携活動を行う制度。令和元年度は5名採用している。

※「御用聞き型企業訪問」事業
 平成16年度から始まった仙台発の「敷居の低い」産学官連携事業。地域連携フェローと地域企業に精通した(公財)仙台市産業振興事業団および本市がチームとなって、地域のものづくり企業を訪問、困りごとを聞き、アドバイスなどを行うことで技術課題の解決や新商品開発などの支援を行う事業。平成30年度で15周年を迎え、延べ1000社近い企業に訪問している。

※ 仙台市産学連携功労者表彰
産学連携活動により、本市の経済産業の振興に功績のあった方を表彰する制度。